電気代の高騰を乗り切るために考えたい!ソーラーパネルを設置するための役立ち情報を紹介

電気代が値上がり高騰するのではないか、このようなニュースを耳にしたり新聞などで情報を入手している人も多いのではないでしょうか。
電気は生活に欠かせない存在ですが、家の屋根にソーラーパネルを設置することで電力会社から供給する価格が高い電気を節約できるようになります。
ソーラーパネルは太陽エネルギーを電気エネルギーに変換するための装置で、住宅の屋根に複数のソーラーパネルを設置することで住居内で利用する電力を発電できます。

ソーラーパネルで設置するいろいろな構成品

ソーラーパネルを住宅の屋根に設置する場合には構成品も必要で、ベースとなる架台やそれをボルトで固定するために穴を開けたところから雨漏りがしないようにシリコン製やゴム製のキャップでシールをします。
発電された電気はケーブルを通して送電され、それを宅内のコントロールパネルで受電します。
コントロールパネルでは発電された電気を家庭用のコンセントで使用できる周波数や電圧に変換するほか、液晶ディスプレイには発電量や売電価格などが表示され、数値やグラフで推移を確認することが可能です。
タッチパネルから操作をすることができ、画面の切り替えや発電モードの変更などが行えます。
無線Wi-Fiを搭載している機種では、それらのデータをパソコンやスマートフォンから閲覧したり、簡単な操作をリモコンのように行うことも可能です。
ソーラーパネルを設置するには本体だけではなく、それをコントロールしたりデータを閲覧するために様々な構成品も必要です。

ソーラーパネルを設置できる最低限の条件

ソーラーパネルを設置するには重量とスペース、周囲の環境が整っている必要があります。
これは安全性の配慮と、発電の効率性を求めるものです。
ソーラーパネルには屋根の上に設置をしますが、その重量に耐えられる堅牢性と十分なスペースが必要です。
老朽化するなどして強度が低い場合は、重さに耐えられずに倒壊するなどの恐れがあります。
ソーラーパネルは屋根に対して並行した場所に位置する必要があり、斜めにして置くことなどはできないことから、十分なスペースが確保されていることも大切です。
そして最も重要なのが周囲の環境で、太陽光がしっかりと届かなければ意味がありません。
近隣に高層ビルによる影などがなく、常に太陽光が当たる場所なら効率的に発電し続けることが可能です。
ソーラーパネルに設けられた条件には安全性と効率性の両方が含まれているのがポイントで、安全性を満たさない場合は施工が拒否されるケースがあるほか、効率性では費用対効果の高さを見極める指標になります。

ソーラーパネルは効率を考えて設置すべき

ソーラーパネルを設置するなら、最も効率的に発電できる場所に設置するのがおすすめです。
発電できる時間が長くなることでおのずと発電量が増加し、自宅で使用する電気をまかなえたり、売電をする場合にはよりお得になります。
ここでの調整ひとつで、費用対効果を大きく左右します。
発電をするためには一定以上の太陽光を照射する必要がありますが、どの方向からも常に照射される場所と角度がベストポジションです。
日本国内の場合は大半のエリアで南側が最も日中の日差しが届き、正午ごろに南中高度と呼ばれている最も高い位置になります。
この瞬間にベストとなる方角にソーラーパネルを合わせれば、太陽光が当たる時間帯が多くなります。
この方向を抑えておけば、もしも曇りであっても僅かながらに発電することも可能で、そのポテンシャルを余すことなく発揮することが可能です。
ソーラーパネルは自然の要件が大きく影響することから、しっかりと調整したいところです。

ソーラーパネルの設置にかかる期間

ソーラーパネルの設置には建設プロジェクトのようなプロセスが関与します。
まず場所を選定します。
屋根上や地上など場所によって要件や手続きが異なる場合があります。
次に場所の調査や評価が行われます。
この段階では屋根の構造や強度、日照条件、風や降雪などの気象条件などが考慮されるのです。
場所の調査が完了したら、設計と計画が行われます。
これにはソーラーパネルの配置や配線、インバーターなどの機器の配置が含まれています。
次に必要な許認可手続きが行われます。
建築許可や電気工事の許可、地元の規制に従った手続きなどが含まれます。
これには、自治体や関連する規制当局との連絡や申請が必要です。
許認可手続きが完了したら、実際の作業が行われます。
これにはソーラーパネルの取り付け、配線、インバーターなどが含まれます。
作業の規模や場所の条件によって作業期間は異なります。
最後に完了したらシステムのテストと点検が行われます。
これにより正しく機能し、安全な運用が確保されることを確認します。
以上が一般的なソーラーパネルの手順です。
これらの手順には場所や条件によって異なる要素が存在するため、かかる期間は一概には言えません。
しかし通常は数週間から数か月の範囲内で設置が完了することが多いです。

ソーラーパネルを設置すると停電でも使い続けられる

ソーラーパネルには独立型バッテリーシステムを組み合わせることで、停電時にも電気を供給することが可能で、バッテリーに充電された電力は、家庭や重要な機器を動かすために使用可能です。
バックアップ発電機を設置することで、電力を確保でき、ソーラーパネルが発電しない状況下でも、発電機が自動的に起動して電力を供給します。
ソーラーパネルからの電力を特定の回路に接続することで、停電時に重要な機器や照明を維持することが可能です。
非常用電力回路を設定することで、必要な機能や快適さを確保することができます。
定期的な点検と保守が必要です。
バッテリーの寿命や性能が低下すると、電気が必要になったときに、十分な電力を供給できない可能性があります。
メーカーの指示に従い、定期的な点検と保守を行いましょう。
ソーラーパネルの設置は、有益な電気の供給手段となりますが、設備やシステムの適切な選択、保守点検の重要性を忘れずに考慮してください。
専門家や業者と相談し、最適なシステムを選ぶことをおすすめです。

ソーラーパネルは設置する向きで効率が大きく変わる

太陽の光によって発電出来るソーラーパネルですが、設置する向きによってその効率は大きく変わって来ます。
どの向きが正解かは土地と気候、そして障害物の有無があるため一概には言えません。
ただ設置するプロはどう置くと効率が良いかは分かっているため、しっかりと助言を聞いてからソーラーパネルを確定させましょう。
可動式のものもなくはないのですが、その稼働に電気が掛かってしまうため本来のコンセプトからずれてしまいます。
また、そもそも曇っていたり雨が降っていたりと、どんな時でも使えるというものではないのです。
日中であり天気がいいという条件を満たさなければならないのは中々に狭いもので、それを考えると少しでも効率を考えるのは当然かもしれません。
新築の家なら必ずどうするか聞かれるソーラーパネルですが、オール電化の家もあるぐらい電気は欠かせないものです。
災害対策の事もありますし、検討が可能なら付けて置いた方がいい設備と言えます。

ソーラーパネルは設置後のメンテナンスで効率が変わる

太陽光発電を導入しようと考えている方が多くいると思われます。
高騰している電気代を安く抑えることに繋がりますし、売電で副収入を得ることも可能です。
ただ、いくつか知っておくべきことがあるので、しっかり把握した上で決めることが求められます。
ソーラーパネルは定期的なメンテナンスが必要であることもその一つです。
設置後は何もしないで放置してしまう方がいますが、発電効率が低下してしまいますし、故障するリスクも高くなってしまいます。
少なくとも半年から1年に1回はソーラーパネルのメンテナンスを行うべきです。
故障してしまえば、それを直すための費用もかかってしまうので、日頃から故障しないための対策にお手入れをしておくのが望ましいです。
また、メーカーによって品質に差があるので、耐久性が高いメーカーのソーラーパネルを設置することも重要なポイントになります。
実際に使用している人の意見も参考にして決めることをおすすめします。

ソーラーパネルを設置したら災害に注意

ソーラーパネルは通常では屋根に設置をするものなので、破損してしまう可能性が低いものと考える方が多い傾向にあります。
ところが災害によっては本来の機能を果たせなくなったり、破損してしまう恐れもあるので注意は必要です。
例えば近隣に火山があるような地域の場合、噴火によって火山灰が空気中を舞ってしまった場合、ソーラーパネルには白い粉のようなものが大量に付着してしまいます。
対策は高圧洗浄機で洗い流す方法ですが、危険を伴うので専門会社に依頼することが前提です。
次に大きな地震が発生した場合、ソーラーパネル自体に何ら破損などが見られない場合でも、屋根に固定をしている金具部分が歪んでしまう可能性はあり、結果的に屋根の破損による雨漏りの被害に発展する可能性もあります。
後は可能性としては低い災害になりますが予期せぬ飛来物の落下でソーラーパネルが割れてしまうリスクもあり、この場合は気付かない可能性があるので定期点検を実施することが最善策ではないでしょうか。

設置したソーラーパネルに影がかかるような建築に注意

ソーラーパネルを設置する際には、影がかからないよう注意しなくてはなりません。
なぜならソーラーパネルの一部が影に覆われると、その部分の発電効率が低下してしまうからです。
影がかかっているセルやパネルは光を吸収することができませんから、発電量の減少は免れません。
その範囲が大きい場合や複数のパネルに戻っている時には、太陽光発電システム全体の発電量に大きな悪影響を与える恐れがあるので注意するようにしてください。
もしそのようにソーラーパネルに影がかかってしまう建築の場合には、早めの対策が必要です。
具体的にはパネルの配置と角度の最適化を行うと良いでしょう。
どのような場所に設置するか、または角度を検討することで、影響を最小限に抑えることができます。
1日の対応の動きなどを見ながら最も影響が少なくなる場所を探し出し、そちらに変更すると効果的です。
新たに開発された追跡式のシステムを導入すれば、太陽の位置に合わせてパネルの角度を調整することも可能です。

ソーラーパネルを設置しよう!に関する情報サイト
ソーラーパネルのいろは

こちらのサイトは、電気代が高騰するといわれている時代を乗り切るために欠かせない太陽光発電システムを設置するためのお役立ち情報を初心者の方でも分かるようご紹介しています。
太陽光発電システムの中でも重要な装置がソーラーパネルもしくは太陽電池と呼ぶものですが、このような装置を導入するときには助成金を利用できることもあります。
ここでは利用可能な助成金や補助金についての情報や、発電して余った電力は売ることができるなど知識向上に役立てることができる情報を紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search